施設利用

授業時間外の教室貸出

授業時間外に課題の制作等で教室を使用したい場合は、授業のない時間帯で使用することができます。

下記の手続きを行ってください。

一般教室・製図教室

授業時間外(平日18時20分以降)に課題の制作等で教室を使用したい場合は、他に使用が無い時間帯で使用することができます。
前日までに担当教師(または学担、学科長)に申し出て、教務部に「教室使用願」を提出して、承認を受けてください。

(使用可能教室、時刻はその都度確認してください)

使用に関する注意事項

caution_futsu

  • 教室内に廃材等を放置することがないように、使用後は各自が清掃して、整理・整頓し、きれいに使いましょう。
  • 製図板への落書き・製図板上でのカッターの使用は厳禁です。
  • 模型制作等でカッターを使用する時は必ずカッターマットを使用しましょう。製図板の裏にカッターマットがついている台については裏返して使用してください。
  • 製図板の上には、物を載せないようにして下さい。破損・故障の原因になります。

 

Mac教室

1号館に3教室、2号館に3教室あります。
授業時間外は基本的に使用できません。

授業時間以外は管理のため施錠されています。
授業ごとに講師・副手が解錠します。

使用に関する注意事項

  • 飲食厳禁!フタの出来ない飲み物は持ち込み厳禁です。ガムやアメに類するものも禁止です。
  • カッターやスプレーのり、絵の具など、アナログ作業は禁止です。
  • ゴミがでた場合は、必ずゴミ箱へ。消しかすなどが散乱しているとキーボードやマウスの破損、故障の原因になります。
  • 授業で配布されたプリントや、プリンタで出力した作品などが忘れたままになっているのも目立ちます。授業のおわりに、各自で必ず机の周りをチェックして退室しましょう。
  • HD内の整理整頓・自分のデータは自分で管理しましょう。使用するMacは、各学科・クラスの複数の人が使用します。教室のMacのHD内所定の場所(デスクトップのstudentフォルダ)にデータを保存することが可能です。万一、Macの不具合や手違いで消去されてしまうことも考えられますので、授業毎に必ず各自でUSBメモリや外付けHDDなどにバックアップとして保存し管理しましょう。
  • 長期休み、学期の変わり目などで、Macのメンテナンスを行っています。その際、studentフォルダの中身およびデスクトップなどにあるデータを削除し、初期状態に戻します。必ず休み前にバックアップを取るようにしてください。

 

工作機械室 (202教室)

工作機械室(202教室)を使用するには、「工作機械講習会」を受講する必要があります。
また、受講後にもらう「利用許可証」を、利用時に提示することが必須です。

>>2019年度「工作機械講習会」(日時未定)

※ID科、D科、CR科は授業内で講習会実施のため、対象外

 

出力室

出力室の使用について、詳しくはこちらをご覧ください

各種プリンタの使用方法はこちら

図書室

図書室の使用について、詳しくはこちらをご覧ください


その他の施設

保健室 (8:50~18:10)

1号館地下 及び 学生サービスセンター2階 にあります。
病気やケガで薬が必要な場合や、体調がおもわしくない場合に利用できます。
利用の際は各号館の受付に申し出てください。

購買部 (8:40~18:00)

1号館1階にあります。文房具やデザイン材料等を割引価格で販売しています。

学生食堂「MOGU」 (10:00~14:00)

mogu

2号館1階にあります。

詳しくは 学生生活>学生食堂「MOGU」をご覧下さい。

学生個人ロッカー

2号館2階に、各自の個人作品・教材等を一時保管するための学生個人用ロッカーが設置されています。

利用にあたっては別に定める「利用規則」に従って下さい。

設置数 個人用ロッカー 240名分※収納サイズ 1650×180×465(mm) A2サイズボードが収納可
利用期間 毎年4月より約1年間(年度で入れ替え制)
利用時間 授業時間内
利用方法 申込 年度当初(4月)に年間申込を受付掲示等で申込方法・期間を連絡
選出 利用応募多数の場合は抽選
利用費 年間管理費を利用者から徴収(1,000円)
問い合わせ先 学生サービスセンター

コピーサービス

有料(コイン式)です。

設置場所 備考
1号館地下イベントホール前階段 複合機
2号館入口 ロビー
3号館2階
図書室内 モノクロのみ
学生サービスセンター内 1階

複合機

USBメモリからの「文書プリント」について

  • 使用できるファイル形式は PDF、JPG、TIFF
  • 基本的には、データの大きさそのままでプリントされます。
    A4サイズで作っているならA4で。ハガキサイズならハガキサイズで。
  • 拡大縮小は設定できません。
    ただし、PDFデータの場合のみ、用紙設定を変更することで、選択した用紙サイズに合うように自動で拡大縮小されます。
    その場合、書類を複数選ばず、ひとつずつ行うようにしてください。
    また、小さいデータを拡大する場合は画像が荒れることをご留意ください。

 使用できるメディアはUSBメモリのみ

USBで接続できるものであっても、ポータブルHDDなどは使用できません。