研修旅行

ヨーロッパ研修旅行

異文化体験を通して見聞を広め、歴史的遺産や芸術作品に触れることで自己の表現力を高めるために毎年多くの在校生が参加しています。学校が主催、企画した独自の研修旅行で、当校の教職員と添乗員が同行するので、海外旅行が初めてでも安心して参加できます。学科をこえて様々なデザインを学ぶ在校生同志の交流も目的のひとつです。


2018年度 ヨーロッパ研修旅行 参加者募集

2018年度 TDAヨーロッパ研修旅行はイタリア・ローマ、フランス・パリの2都市を訪問します。イタリア・ローマでは世界遺産の古代ローマ遺跡や市内の人気スポットを廻るとともにバチカン市国に入場しサンピエトロ寺院や有名なシスティーナ礼拝堂の見学も行います。パリ・フランスでは有名なルーブル美術館に入場。更に市内の広告デザイン会社の見学も行い、ヨーロッパの先端デザインに触れます。また、ローマではフィレンツェ1日、パリではベルサイユ宮殿半日のオプショナルツアーも用意しています。

2018年度 ヨーロッパ研修旅行
研修期間 2018年8月20日(月)~27日(月) 8日間
研修先 イタリア(ローマ)、フランス(パリ)
参加費用 268,000円 ※旅費、宿泊費、各見学費含む
※30名参加の場合、29名以下の場合参加費が変動する場合があります※空港利用料、燃油税、オプション参加費は別途
募集定員 30名
募集締切 2018年6月29日(金)
説明会日程 第1回 5月14日(月)~18日(金)
第2回 6月4日(月)~6月8日(金)
※各回とも期間中の午後12時20分から12時55分で、学生サービスセンターまたは1号館教室にて実施。

詳細は、2018年度ヨーロッパ研修旅行 募集リーフレット[PDF]をご覧ください。

2016年度 研修旅行のようす

2016年度の海外研修は、イタリア・ローマ、スペイン・バルセロナを訪問しました。街全体が「世界遺産」と言って良いローマでは、人気のコロッセオ、フォロロマーノ、スペイン広場、トレビの泉、サンタ・マリア・イン・コスメディン教会(真実の口)を見学。また2日間に渡り現地IED(Istituto Europeo di Design)デザイン学校でのワークショップを行いました。

スペイン・バルセロナでは、建築家アントニオ・ガウディの作品群(サグラダファミリア寺院、グエル公園等)や他のモデルニスモ建築を見学。ヨーロッパの文化・風習とアート・デザイン真髄を体験しつつ、学科・学年間の交流も盛んに行われ、充実した研修旅行となりました。

研修日程/詳細

2016年度 ヨーロッパ研修旅行
研修期間 2016年8月17日(水)~24日(水)
研修先 イタリア・ローマ、スペイン・バルセロナ
参加費用 348,000円 ※(旅費、宿泊費、各見学費、IED研修費含む)
※空港利用料、燃油税、オプション参加費は別途
参加者 20名 (学生18名/引率教職員2名)

20160909_kenshu02

2016年度 参加者の感想・コメント

◆ローマ、バルセロナどちらも楽しかったです。ヨーロッパ自体始めて訪れたので治安など色々不安もありましたが、特に何も無くすごせました。自分だけではホテルの予約も見学施設を周ることもスムーズにいかなかったと思うので、研修に参加して良かったです。日本では見ることの出来ない建造物をたくさん見て、楽しい買い物もできました。(VD科3年)

◆ローマの街並み、イタリアの街並みがすごく好きなので歩けただけで幸せでした。あとサグラダファミリアやばい、ステンドグラスやばい。(VD科2年)

◆大きなトラブルもあまりなく、有名な場所やモノを見ることが出来良かったです。世界史や英語にも興味がもてるようになりました。また、自由行動時には現地の言葉や英語、ジェスチャーを使ってタクシーや飲食店を利用。責任感や自信を、少し身につけることができました。(G科2年)

街並みの美しさや、訪れた地で目にする歴史的建造物・作品群がすばらしかった。また強烈な日差しと、それによってもたらされる空や緑の色彩の深さがとても印象的だった。日本にいて写真や映像を通してでは感じ取ることのできない魅力や空気感にたくさん触れることができて、とても有意義な海外研修だった。(IL科2年)

◆写真や映像越しでは、決して味わいきれないような迫力と空気感を体験することが出来たと思います。(IL科1年)