【VD・G科1年生】モリサワフォントについて

ビジュアルデザイン科・グラフィックデザイン科の一年生へ

モリサワパスポート アカデミック版について
「本登録が終わっていない」
「○月○日までに…、という内容のアラート(警告文)が出た」
「メールが来ない」
「フォントの使用期限が切れました、というアラートが出た」
以上の内容に当てはまる学生、
上記以外の内容だけれど、モリサワフォントが使えない学生はこの記事を読んでみてください。

 

 

 

先日クラス単位で行われたPCオリエンの際、モリサワフォントをインストールをするところまで作業したと思います。

配布されたプリントの、2番までの手順、「仮登録をした」ところまでですね。
IMG_9822

そのあと、3番の手順をみなさん自身でやっていただくことになっていると思います。
1番の手順、ユーザ登録から一ヶ月以内に、モリサワから本登録に必要なメールが来ることになっています。
このメールが、迷惑メールフォルダに入ってしまっていると講師経由で情報が来ました。

メールが来てないという人は、迷惑メールフォルダを確認してください!

メールがある人、見つけた人

メールが見つかったら、通常の受信フォルダなど、他のフォルダに移動させましょう。

まず、メールが見つからなかっただけで、他はなにも
何日までに〜のメッセージはでていないひとは
読んでください。
警告が出た人は読み飛ばして次の見出しへ進んでください。

IMG_9823赤線でマークされているところがライセンスキーです。

IMG_9824
Mフォントスターターが見当たらない人は、
アプリケーションフォルダ

MORISAWAフォルダ

Fontsフォルダ

「MFontStarter」もしくは「MFontStarter.app」をダブルクリックします。

写真のように、ライセンスキー登録をクリックし
メールに記載されていたものを入力し、
「次へ」を押すと完了です。

 

メールはあったけど、○日までに、のお知らせが出た人

その期日より、7日間は猶予があるようです。
ひとつもどって、「メールがある人、見つけた人」の項目を見ましょう。

やってみてもダメだった場合は、猶予期間をすぎてしまったのでしょう。
次の「メールはあったけど使用期限が切れましたとメッセージの出た人」を見てみてください。

それでもだめなら、一番最後の項目をみてください。

 

メールはあったけど「使用期限が切れました」とメッセージの出た人

一度、フォントをアンインストールします。
Mフォントスターターを起動します。

IMG_9824

Mフォントスターターが見当たらない人は、
アプリケーションフォルダ

MORISAWAフォルダ

Fontsフォルダ

「MFontStarter」もしくは「MFontStarter.app」をダブルクリックします。

「アンインストール」をクリックします。
指示に従ってアンインストールします。

この最初のメニューに戻って来たら(戻れない場合はMフォントスターターを終了して、もういちど起動しましょう)

「ライセンスキー登録」を押します。

メールに記載されていたライセンスキーを入力し、「次へ」をおします。

登録が完了したら、フォントをもう一度インストールします。

 

メールがない、メール来てたけど消えちゃった、記事内にでてこない症状じゃないけど使えない、もう全然わかんないたすけて!な人

モリサワパスポート アカデミック版のパッケージ
(黄色カバーのかかった銀の箱)の中にある、以下のような

IMG_9825

「パッケージキーのご案内」の紙を手元に用意して
モリサワフォントお問い合わせ窓口に電話で聞きましょう!IMG_9827