撮影室仕様変更のお知らせ

今年度より、撮影室の仕様を変更いたしました。

手前
の部屋を「撮影室A
の部屋を「撮影室B

とします。

撮影室A

これまで通りのフリースペースとして、自由にセッティングが可能

様々な撮影に使用できます。

 

撮影室B

撮影用の台、照明、トレペ等が全てセッティングされています。概ね一辺が30cm以の小物の撮影などに使用してください。
機材の移動は不可です。
そのままの状態で使用してください。

20180328satsueishitu_b

平成30年度「TDA東日本大震災・熊本地震被災者支援学費減免制度」のお知らせ

東日本大震災・熊本地震被災地の一日も早い復興を祈念し、本校では、被災した学生の就学を支援するために「TDA東日本大震災・熊本地震被災者支援学費減免制度」を実施しています。

制度の概要
日本大震災・熊本地震により被災した学生に年間授業料の半額(38万5千円)を上限として学費を減免する制度です。
平成30年度在学生(休学者を除く)で、東日本大震災(平成23年3月11日)または熊本地震(平成28年4月14日)で保護者等家計を維持するご親族が被災され、震災を原因とする家計急変等により経済的に就学が困難な学生が対象となります。
申請書類をもとに本校が認定した被災の程度により、以下3種類のいずれかの減免を行います。(※被災状況によっては減免の対象にならない場合があります。)

減免1 後半分授業料の全額(38万5千円)

減免2 後半分授業料の一部(25万円)

減免3 後半分授業料の一部(10万円)

申請方法
必ず学生サービスセンターに事前相談のうえ、必要書類を提出してください。
必要となるのは「り災証明書」「被災証明書」「収入を証明する書類」「住民票」などで、被災状況により異なります。
申請期間
平成30年4月10日(火)~5月15日(火)

(被災状況により必要書類が異なります。事前相談は4月27日(金)までにお願いします)

書類確認と減免の実施
提出書類を確認の上、決定した減免内容を5月末日までに連絡します。

必要に応じて提出書類の内容や被災状況について直接お聞きする場合があります。

決定した減免額は平成30年度後半分授業料から差し引きます。

※減免額が後半分授業料を上回る場合は納付済授業料を還付する場合があります)

※他の授業料減免制度との併用は出来ません。ただし、本制度による減免額が他制度を上まわる場合は差額を減免します。
※他の授業料減免制度との併用は出来ません。ただし、本制度による減免額が他制度を上まわる場合は差額を減免します。

平成30年度 新2・3年生ガイダンスについて

新2・3年生のクラス別ガイダンスを下記の通り実施します。
年度始めの重要なガイダンスです。在校生は必ず出席してください。

実施日時

平成30年4月11日(水)
10:40〜 (12:10終了予定)※時間厳守

実施教室

当日、1・2号館 1F掲示にて発表します

内容

  • 学習上のオリエンテーション
  • 今年度のカリキュラム説明
  • 年間スケジュール発表
  • I期授業時間割発表
  • 進路について
  • その他

持参物

筆記用具